> > 東芝、イタリアの送電会社から直流送電システムの建設工事を受注

東芝、イタリアの送電会社から直流送電システムの建設工事を受注

記事を保存
東芝、イタリアの送電会社から直流送電システムの建設工事を受注

東芝および東芝グループ会社である東芝電力流通システム欧州社は、イタリア送電会社テルナ(TERNA)社から、同国チェパガッティ市とモンテネグロ国コトル市を結ぶ直流送電システムにおいて、両国に建設する変換所の変電設備、土木工事および据付工事の一式を受注した。

欧州市場において日本企業としては初の受注となり、2013年9月から工事を開始する。変電設備については2015年4月から順次納入する計画で、同変換所は2017年9月から運転開始の予定。

東芝は、昨年3月にイタリアの送変電エンジニアリング会社であるアンサルドT&D社を買収し、今年3月に東芝電力流通システム欧州社に社名変更し、東芝の送変電・配電の拠点として欧州での事業展開を進めている。

今回東芝が受注したのは、バルカン諸国で発電した交流電源の電気を効率良く送電するために直流に変換する変換所の変電設備と建設工事、イタリア国で受電する際に直流を交流に変換する変換所の変電設備と建設工事。

欧州では、環境問題などにより新規発電所の建設が困難な地域において、他国で発電した電力を自国に供給するための長距離送電網の建設が多く進められており、今後、アフリカ地域などでも、長距離送変電網の構築増に伴い、多くの変換所の建設が見込まれている。

東芝は今後も、欧州やアフリカ地域に加え、インドネシアをはじめとする東南アジア、インド、ブラジル向けに積極的に高電圧直流送電変換装置事業を展開。送変電・配電機器事業においても、今後の電力需要の伸張が期待される中東や東南アジア、ブラジル、インド、ロシアなどを注力地域として、グローバル展開をさらに加速していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.