> > タピオカを作った残りカスからバイオエタノール、NEDOがタイで実証開始

タピオカを作った残りカスからバイオエタノール、NEDOがタイで実証開始

 印刷 記事を保存

NEDOは、タイにおいてキャッサバイモからデンプンを抽出した後の残渣(タピオカ残渣)からバイオエタノールを製造する技術の実証事業に着手する。

本事業では、同国最大のキャッサバデンプン製造工場において、日本で技術開発された高温発酵酵母を用い、年産80klのバイオエタノール製造能力を有するパイロットプラントを立ち上げ、製造技術の有効性を実証する。事業の着手にあたり、NEDOと同国科学技術省国家イノベーション庁(NIA)は、基本協定書(MOU)を締結した。

事業期間は2012年度~2015年度(予定)。予算規模は約7億円で、うちNEDOの負担は約5億円。事業の委託先はサッポロビールと磐田化学工業。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.