> > 三井物産、カナダで合計730MWの風力・太陽光発電事業へ出資参画

三井物産、カナダで合計730MWの風力・太陽光発電事業へ出資参画

 印刷 記事を保存

三井物産は、GDF SUEZ Canada(GDFスエズカナダ)がカナダで開発・運営する風力・太陽光発電事業へ出資参画すると発表した。三井物産は新規に設立した投資子会社MIT Renewablesを通じて、GDFスエズカナダから本事業の30%持分を取得した。本事業による合計の発電容量は730MW。事業規模は20億カナダドル(約1,700億円)超となる。

GDFスエズカナダは、フランスに拠点をおく電気・ガス会社大手のGDF SUEZ S.A.(フランス・パリ)の子会社。三井物産は、本事業に出資参画することでGDFスエズカナダと合意した。

本事業は、カナダにて風力発電事業(10カ所、総発電量660MW)及び太陽光発電事業(2カ所、総発電量20MW)を開発・運営するIPP(独立系発電)事業で、各州の州営の電力会社との長期売電契約に基づき電力を販売するもの。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.