> > 三井物産、カナダで合計730MWの風力・太陽光発電事業へ出資参画

三井物産、カナダで合計730MWの風力・太陽光発電事業へ出資参画

記事を保存
三井物産、カナダで合計730MWの風力・太陽光発電事業へ出資参画

三井物産は、GDF SUEZ Canada(GDFスエズカナダ)がカナダで開発・運営する風力・太陽光発電事業へ出資参画すると発表した。三井物産は新規に設立した投資子会社MIT Renewablesを通じて、GDFスエズカナダから本事業の30%持分を取得した。本事業による合計の発電容量は730MW。事業規模は20億カナダドル(約1,700億円)超となる。

GDFスエズカナダは、フランスに拠点をおく電気・ガス会社大手のGDF SUEZ S.A.(フランス・パリ)の子会社。三井物産は、本事業に出資参画することでGDFスエズカナダと合意した。

本事業は、カナダにて風力発電事業(10カ所、総発電量660MW)及び太陽光発電事業(2カ所、総発電量20MW)を開発・運営するIPP(独立系発電)事業で、各州の州営の電力会社との長期売電契約に基づき電力を販売するもの。

風力発電所7カ所は既に商業運転を開始しており、残りの風力・太陽光発電所5カ所は開発・建設中。また、現在建設中の風力発電所Cape Scott案件に追加で開発中の約50MWの拡張計画を合計すると発電容量は730MW。

本事業は、再生可能エネルギー分野を積極的に推進しているオンタリオ州を中心に、カナダ全域での電力安定供給に貢献するとともに、省エネルギー・環境改善に寄与する案件となる。

また、Cape Scottの拡張計画を加えた開発・建設中の5資産に関し、12月14日付で国際協力銀行(JBIC)及び市中銀行3行(三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行)とプロジェクトファイナンス(JBICファイナンス)に係る融資契約を締結した。

なお、GDFスエズカナダはカナダのインフラファンドであるFiera Axium Infrastructure(カナダ・モントリオール)が代表するコンソーシアムにも同様に本事業の持分30%を売却している。今後、本事業はGDFスエズカナダ、三井物産、Fiera Axium Infrastructureの3社が共同で保有、運営及び開発を行う。

三井物産は、海外IPP事業にて培った豊富な事業運営ノウハウを活かし、本事業の開発・運営に貢献する。本事業への参画により同社の保有する発電容量は開発・建設中案件を含め5,764MWとなる。このうち再生可能エネルギーによる発電事業が384MWと全体の約7%を占める。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.