> > 東京メトロ半蔵門線・丸ノ内線、都営新宿線・大江戸線車両にLED照明

東京メトロ半蔵門線・丸ノ内線、都営新宿線・大江戸線車両にLED照明

記事を保存
東京メトロ半蔵門線・丸ノ内線、都営新宿線・大江戸線車両にLED照明

東芝ライテックは、東京メトロの半蔵門線、丸ノ内線の客室車両向けに、LED車両照明を1,140台納入すると発表した。今回納入するLED車両照明40W形客室灯(消費電力24W)は、従来の蛍光ランプ器具(消費電力46W)と比べて、消費電力を約48%削減することができる。

また、照明器具の外郭には断熱性の高いガラスクロスを採用し、強度面、火災面共に安全性を確保するなど、車両照明としての規格や要求仕様を満たした。

今回LED車両照明(40W形LED車両照明、20W形LED車両照明)は、半蔵門線車両(10両編成)の3編成分、丸ノ内線車両(6両編成)の3編成分として納入される。平成24年11月中旬より納入を開始し、平成25年3月をめどに完納する予定。

一方、東京都交通局は、12月19日、都営地下鉄の新宿線と大江戸線の車両において各1編成にLED照明を導入すると発表した。これまで、両線では1編成のうち各1両にLED照明を導入し、その効果を確認してきた。今回の対応はさらに効果を確認するのが目的。今後もLED照明については、省エネルギーの効果などを検証しつつ、他の車両へも展開していく計画だ。

今回、LED照明を導入するのは、新宿線10-300形車両(8両編成)及び大江戸線12-000形車両(8両編成)。新宿線は12月19日に、大江戸線は平成25年3月(予定)に営業運転を開始する。LED照明は蛍光灯と比較して、寿命が長いという特長があり、消費電力及びCO2排出量を3割以上削減できると見込んでいる。

【参考】
東京都 - 地下鉄車両にLED照明を導入します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.