> > 東京都庁舎の電源を多元化、年間で800万円の節減見込み

東京都庁舎の電源を多元化、年間で800万円の節減見込み

 印刷 記事を保存

東京都は、都庁舎で東京電力からの電力供給以外に、東京ガスの100%出資子会社であるエネルギーアドバンスの運営する新宿地域冷暖房センター(新宿区西新宿)からの電力供給を、12月25日から開始すると発表した。

電力供給の多元化を図り信頼性を向上することで災害時の防災拠点である都庁舎の機能を維持すること、さらに、地域自立・分散型エネルギー確保の先進的取り組みとするのが狙い。

(※全文:989文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.