> > 太陽光パネルからの落雪事故に注意、国民生活センターが呼び掛け

太陽光パネルからの落雪事故に注意、国民生活センターが呼び掛け

 印刷 記事を保存

国民生活センターは、本格的な降雪シーズンを前に、「太陽エネルギー利用パネルからの落雪に注意を」と注意を喚起している。同センターでは、2011年2月にも同様の呼びかけを行っているが、その後も相談件数が増加しており、2011年度は63件と対前年度比で約2.3倍、2012年度(12月25日時点)は26件と、対前年同期比で約1.2倍であった。改めて注意を促すことで、事故の未然防止を図りたいとしている。

家庭用太陽光発電が普及し、設置世帯の増加に伴い、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、太陽エネルギー利用パネルに積もった雪が地上に落下し、近隣家屋や乗用車・庭木・倉庫などが破損するなどの事例が寄せられている。

(※全文:1,266文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.