> > 宮崎大の太陽光集光装置、2013年度から水素製造実験開始

宮崎大の太陽光集光装置、2013年度から水素製造実験開始

 印刷 記事を保存

宮崎大学は、来年度、新潟大学と連携して、太陽光を鏡で反射させて集光する「ビームダウン式太陽集光装置」を用いた水素製造に関する大型実証試験を開始する。

この装置は、昨年8月に、同大学、宮崎県、新潟大学、三鷹光器の4者による産学官連携プロジェクトとして設置されたもの。ビームダウン式としては国内最大級、世界最高レベルの集光度を誇る。高密度に集光された太陽光を熱に転換することで得られる高温を用いた、水素製造に関する新潟大学との共同研究や、太陽電池の原料となる金属シリコンを製造する研究などが計画されている。

(※全文:1,044文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.