> > 三菱商事と昭和電工、注目の炭素素材「フラーレン」の事業化で事業提携

三菱商事と昭和電工、注目の炭素素材「フラーレン」の事業化で事業提携

記事を保存
三菱商事と昭和電工、注目の炭素素材「フラーレン」の事業化で事業提携

三菱商事と昭和電工は、ナノテクノロジー分野で注目される炭素素材「フラーレン」の事業化に向けた戦略的事業提携を行った。これ基づき、昭和電工はフラーレンの製造販売会社であるフロンティアカーボン(FCC社)の株式50%を三菱商事より譲り受け、FCC社は両社の共同運営会社となった。

今後、昭和電工は、FCC社と共同でフラーレン事業化に向けた必要な研究開発・マーケティングを進める。三菱商事は、フラーレンの製造実績と関連特許、販売ネットワークを保有しており、両社が提携することで技術面・販売面双方で高い相乗効果を発揮しながらフラーレンの事業化を加速していく。

「フラーレン」は、直径1ナノメートル(100万分の1ミリメートル)のサッカーボール状の分子。有機溶媒に溶け、優れた電子受容性を持つことから、エレクトロニクス分野、特に有機薄膜太陽電池の負極材などの有望素材として期待されている。

昭和電工は、フラーレンと並ぶナノ炭素素材であるカーボンナノチューブ「VGCF(R)」で10年以上の量産実績があり、同製品で培ったナノ技術がフラーレン事業化に応用できると判断し今回の提携を決定した。すでにリチウムイオン電池等で広く使用されているVGCF(R)に加えて、今回提携を決定したフラーレン事業を加速することにより、ナノ炭素素材関連の事業拡大を図る。

三菱商事は、産業分野での技術革新を実現する可能性のある素材を扱うことで、新たな事業の創造に繋げていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.