> > 安川電機、産業用モータ事業強化 環境エネルギー事業領域拡大

安川電機、産業用モータ事業強化 環境エネルギー事業領域拡大

記事を保存

安川電機は、環境エネルギー事業領域の拡大に向けて、産業用モータ事業の事業運営体制を強化すると発表した。具体的には、安川モートルに、その子会社である西南電機及びワイ・イー・テックを今年3月21日付で吸収合併する。

生産機能については、環境エネルギー分野の主力製品となる永久磁石モータ等を同社の生産専門会社である安川マニュファクチャリングに集約し国内生産を行うことで効率化を図る。また、中大型インダクションモータは、海外での委託生産を拡大し成長分野への投資余力を確保していく。

中長期的には、今後拡大が期待できる、省エネモータ、車載用モータ、風力発電機、超大容量サーボモータなどに大きく事業領域をシフトし、同社グループの環境エネルギー事業を支える中核モータ会社として発展させていく。

同社は、子会社である安川モートル及び関係会社において、北九州地区を中心に産業用モータの生産を行い、事業を展開している。国内既存市場が成熟する中で産業用モータ事業を再強化するため、同社グループのリソースを集約し効率化を進めると同時に、環境エネルギー分野における事業拡大を図っていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.