> > タイのホテルに最新BEMS、オフィスビルに新冷媒利用の空調蓄熱システム導入

タイのホテルに最新BEMS、オフィスビルに新冷媒利用の空調蓄熱システム導入

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、タイで実施している2件の省エネ実証事業の設備が完成したと発表した。今回完成したのは、バンコク市内のアマリ・ウオータゲート・ホテルで実施している民生ビルの省エネ実証事業用施設と、タイ電力公社本社で実施している民生用水和物スラリー蓄熱空調システム。これによりタイにおけるNEDOの新たな取り組みが本格的にスタートする。

アマリ・ウオータゲート・ホテルにおける民生ビルの省エネ実証事業では、既設の照明・空調等のビル内設備を各種省エネ型のものに置き換え、日本の最新技術を駆使したBEMS(Building Energy Management System)で制御することで15%程度の省エネ効果を見込む。今年3月まで実証試験によるデータの評価、検証を行ったあと、タイ国政府機関等と協力して、省エネ診断などによるPR活動を行なう予定。

(※全文:854文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.