> > 富士経済のリモート監視市場調査、2015年のEMS市場は11年比3割拡大と予測

富士経済のリモート監視市場調査、2015年のEMS市場は11年比3割拡大と予測

 印刷 記事を保存

富士経済は、国内のリモート監視市場を調査し、その結果を報告書「2013リモート監視関連市場徹底総調査」として発表した。同報告書では、4分野19品目の「サービス市場」と4分野33品目の「ハードウェア市場」を合算したリモート監視関連市場は、2012年は1兆5,609億円の見込み、2015年には1兆7,771億円に拡大すると予測している。

調査結果の概要は以下の通り。

【サービス市場】
クラウドサービスの普及で活性化

■家庭向け(防犯・防災、都市ガス監視、在宅健康管理などのサービス)

2012年は1,026億円の見込み、2015年は2011年比30.4%増の1,248億円の予測。
セキュリティを主とする居住者への異常検知報告や現場駆けつけなどのサービスがあるためASPの利用が多い。現状では防犯防災サービスが底堅く、高齢者世帯の増加による安否確認サービスの拡大が予測される。

(※全文:1,173文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.