> > 有害物質「1,4-ジオキサン」、遮断型最終処分場への埋立が政令化

有害物質「1,4-ジオキサン」、遮断型最終処分場への埋立が政令化

 印刷 記事を保存

政府は、1月18日に「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令」を閣議決定した。同政令は、特定の施設から排出される一定濃度以上の「1,4-ジオキサン」を含む産業廃棄物を特別管理産業廃棄物に指定するとともに、一定濃度以上の「1,4-ジオキサン」を含む燃え殻及びばいじんについては、遮断型最終処分場へ埋立処分を行うものとするなど、埋立処分基準等の整備を行うもの。施行期日は平成25年6月1日。

有害物質の一つである「1,4-ジオキサン」について、一定濃度以上で公共用水域に放出された場合に人の健康に悪影響を与えることが報告されたため、全公共用水域における人の健康の保護に関する環境基準に追加することが適当であることが、平成21年9月に中央環境審議会から環境大臣に対して答申された。この答申を踏まえ、同年11月、水質環境基準に「1,4-ジオキサン」の項目が追加された。

(※全文:630文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.