有害物質「1,4-ジオキサン」、遮断型最終処分場への埋立が政令化

  • 印刷
  • 共有

政府は、1月18日に「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令」を閣議決定した。

同政令は、特定の施設から排出される一定濃度以上の「1,4-ジオキサン」を含む産業廃棄物を特別管理産業廃棄物に指定するとともに、一定濃度以上の「1,4-ジオキサン」を含む燃え殻及びばいじんについては、遮断型最終処分場へ埋立処分を行うものとするなど、埋立処分基準等の整備を行うもの。施行期日は平成25年6月1日。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報