> > 東京メトロ、電車内と駅サインにLED照明を本格導入

東京メトロ、電車内と駅サインにLED照明を本格導入

記事を保存
東京メトロ、電車内と駅サインにLED照明を本格導入

東京メトロは、今後導入する新造車両の車内照明にLEDを全面的に採用するとともに、既存車両についても、車両改良工事等にあわせて順次LED照明に取り替えを進め、今年度は丸ノ内線2編成と半蔵門線3編成の車内照明を蛍光灯からLED照明に取り替える。また、駅出入口に設置している丸型の「Mマーク」駅サインを、平成27年度までにすべてキューブ型に変更し、LED照明を採用する。

同社では、平成24 年4月に運行開始した銀座線新型車両1000系等において、前照灯及び車内用照明にLED照明を採用し、技術・サービス面における検証をおこなってきた。その実用化の目処がたったことから、本格導入を決定した。LED照明を導入した車両には、車内にステッカーが貼り付けられる。

駅サインについては、LED化によって横方向や交差点、離れた場所などからも出入り口が認識しやすくなる。今年度は、丸ノ内線・有楽町線池袋駅や日比谷線上野駅など6駅13か所に導入。平成27年度までに77駅224か所の駅サインをすべてキューブ型にする。

同社では、このほか駅構内の照明、サインシステム、広告看板の電装器具などにもLEDを導入し、省エネルギー化を積極的に進めている。

【参考】
東京メトロ - 車内照明をLED化します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.