> > 温泉水や工場排水を熱源にできる小型バイナリー発電装置(出力5.5kW)

温泉水や工場排水を熱源にできる小型バイナリー発電装置(出力5.5kW)

 印刷 記事を保存

アネスト岩田は、温泉水や工場排水を熱源とし、沸点の低い媒体を蒸発させて膨張機を作動させることで発電する「バイナリー発電装置」を開発した。

同装置の心臓部である膨張機には、同社が空気圧縮機市場や真空ポンプ市場で培ってきたスクロール技術を応用した専用機を採用。低出力でも高効率を維持しつつ、低速、低振動、低騒音を実現した。

送電端最大出力は5.5kWで、1分間あたり190リッター(一般的なバスタブ程度)の温水で発電できることから、温水量が少ない温泉地や中小の工場での導入が期待されている。

今月中にも、大分県別府市で同装置の実証試験を計画。また、さまざまな熱源への利用拡大を検証しながら、2013年度から「送電端最大出力5.5kW モデル」の販売開始を目指すとともに「送電端最大出力11kWモデル」も開発する。

(※全文:760文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.