> > 住友電工、大阪で高温超電導ケーブル配電システムの長期実証運転

住友電工、大阪で高温超電導ケーブル配電システムの長期実証運転

 印刷 記事を保存

住友電工は、大阪製作所内にある超電導線材製造工場への3.3kV配電系統に、高温超電導ケーブル等から構成される高温超電導配電システムを設置し、1月より長期実証運転を開始したと発表した。

本実証運転は、データセンター等の屋内配電線など直流を含む低電圧・大電流配電システムへの高温超電導ケーブル配電システムの適用を視野にいれて実施するもの。スペースが限られた環境下でも、フレキシブルに導入できるよう、高温超電導ケーブルをはじめとする機器の小型化を図るとともに、高温超電導ケーブルを分岐する超電導分岐箱を新たに開発した。

今回の実証運転では、これら機器およびシステム全体の信頼性を実証するとともに、線路途中に設けた18mの垂直立上げ部に関して、布設工法、高落差条件下での冷却の安定性の実証などを行う。

高温超電導ケーブルは低損失な送配電を実現する技術として期待されている。今後、長期運転(無期限)を通して得られた運転データを分析して、最適な保守のあり方を検討するとともに、同社グループ会社であり、ケーブルの水冷・風冷システムで豊富な経験をもつ住友電設と協力して非常時にも迅速に対応できる保守体制の整備、確立を進める。こうした取り組みにより、高温超電導ケーブルを長期間にわたって安心して使用できる製品・サービスへとつなげていく計画だ。

(※全文:760文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.