石油資源開発、北海道標津町で地熱発電の事業化に向けた調査を開始

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

石油資源開発は、北海道標津郡標津町(しべつちょう)「武佐岳(むさだけ)地域」において、地熱発電の事業化に向けた調査を開始すると発表した。本調査では、本年6月から掘削準備作業を開始し、8月から11月にかけて調査井1坑の掘削作業を実施する予定。現在、関係する各種許認可申請等の準備を進めている。

武佐岳地域では、同社の調査の後、NEDOによる地熱開発促進調査が実施され、地熱発電が十分可能な280℃を超える地層温度等を確認している。今回の調査は高温域の広がり等地熱貯留層の探査を目的とし、3年間かけて掘削調査を実施する。発電規模は、1万5,000kW程度を想定している。同社は、これまでに培った地熱開発の技術や経験を生かし、また、地元の理解と協力のもと環境に十分な配慮を行いながら、約10年後の運転開始を目指す計画だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報