> > 楽天・伊藤忠、太陽光発電事業で提携拡大、ネット販売を強化

楽天・伊藤忠、太陽光発電事業で提携拡大、ネット販売を強化

記事を保存

楽天と伊藤忠商事は、伊藤忠が保有する日本エコシステムの株式の一部を、楽天の100%連結子会社であるRSエンパワメント(RSE)が取得することについて、合意したと発表した。関係当局の必要な許認可を経て、株式の取得を実行する。株式取得後はRSEが日本エコシステムの株を33.40%保有し、伊藤忠商事の保有比率は現在の82.65%から49.25%となる。

日本エコシステムは、太陽光発電システムの販売・取付工事を手がける伊藤忠のグループ会社。2012年7月に楽天と日本エコシステムは事業提携により家庭用ソーラーパネルの販売サービス「楽天ソーラー」を開始した。本サービスは、楽天のインターネットサービスにより、低価格で国内一流メーカーの太陽光発電システムのパッケージ商品を購入・設置できるもの。販売・施工を日本エコシステムが担当している。本サービスは、現在に至るまでに既に多くの販売・施工実績がある。

伊藤忠は、楽天の持つ強力なネット販売網との融合により日本エコシステムの太陽光発電システム等販売の更なる強化を目指すために、今回の株式譲渡を通じて既存の関係をより一層発展させることを決定した。一方、楽天は、今回の資本業務提携により提携関係を拡大することで、さらに太陽光発電事業に注力していく。

今後、日本エコシステムに対して、楽天はネット販売機能の提供によりネット販売を支援し、伊藤忠は国内外に持つネットワークを通じた営業力・調達力強化を行い、それぞれの強みを生かしながら更に緊密に連携して、その企業価値向上に努めていくとしている。

【参考】
固定価格買取制度で電気工事士の仕事が急速拡大

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.