高知県の石炭発電プラント、パームやし殻専焼のバイオマス発電に改造

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

イーレックスは、太平洋セメントより同社土佐事務所(高知県高知市)が所有する「循環流動層(CFB)ボイラ・タービン発電プラント」を譲り受けて、バイオマス発電事業を行うことを明らかにした。

同発電プラントは、従来、石炭を主燃料として運転されていたが、東南アジアなどから輸入されている、油やしの搾油時に発生するパーム・カーネル・シェル(PKS)専焼のCFBボイラにするため、燃料供給設備を中心とした改造工事を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報