> > 高知県の石炭発電プラント、パームやし殻専焼のバイオマス発電に改造

高知県の石炭発電プラント、パームやし殻専焼のバイオマス発電に改造

 印刷 記事を保存

イーレックスは、太平洋セメントより同社土佐事務所(高知県高知市)が所有する「循環流動層(CFB)ボイラ・タービン発電プラント」を譲り受けて、バイオマス発電事業を行うことを明らかにした。

同発電プラントは、従来、石炭を主燃料として運転されていたが、東南アジアなどから輸入されている、油やしの搾油時に発生するパーム・カーネル・シェル(PKS)専焼のCFBボイラにするため、燃料供給設備を中心とした改造工事を行う。

(※全文:469文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.