> > トヨタ・BMW、燃料電池・リチウム空気電池の研究開発で協業

トヨタ・BMW、燃料電池・リチウム空気電池の研究開発で協業

記事を保存

トヨタ自動車とBMWグループは、サステイナブル・モビリティの実現に向け、長期的な戦略的協業関係構築の一環として、燃料電池システム、スポーツカー、軽量化分野での協業に着手するとともに、リチウム空気電池技術の共同研究も開始すると発表した。

両社は1月24日、「FCシステムの共同開発」「スポーツカーの共同開発」「軽量化技術の共同研究開発」に関する正式契約を締結した。本契約は、昨年6月に締結した覚書に続くものである。

加えて、両社は、昨年3月に開始した次世代リチウムイオンバッテリー技術に関する共同研究について、第2フェーズとして、リチウム空気電池技術の共同研究を開始することで正式契約を締結した。エネルギー密度や燃費の面で、現在のリチウム電池の性能を大幅に超えるリチウム空気電池は、ポストリチウム電池として期待されている。

FCシステムでは、2020年を目標に、両社の技術を持ち寄り、FC車の普及拡大を目指し、FCスタック・システムをはじめ、水素タンク・モーター・バッテリーなど、FC車の基本システム全般の共同開発を行う。また、FC車の普及に必要な、水素インフラの整備や規格・基準の策定に向け協力していく。

両社は2011年12月に、次世代環境車・環境技術における中長期的な協力関係の構築に合意。その際、BMWからトヨタ モーター ヨーロッパへのディーゼルエンジン供給についても合意している。BMWとトヨタは、長期的な戦略的パートナーとして、将来のサステイナブル・モビリティの実現に向け協力していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.