> > 消費電力1/2の超ローパワーマイコン登場

消費電力1/2の超ローパワーマイコン登場

 印刷 記事を保存

ロームグループのラピスセミコンダクタは、セキュリティトークンなど省電力で長時間動作が必要な機器向けに、従来品に比べて消費電流を1/2に低減した超ローパワーマイコン「ML610Q474ファミリ」を開発した。

同製品は、業界トップの低消費電流(Halt モード時0.25μA)の実現することで、小型・小容量な電池でも長期間使用可能。また、低消費電流でありながらIEC61000-4-2ノイズテストにて±30KV をクリアする高いノイズ耐性を実現している。同商品は、すでに昨年11月よりサンプル出荷(サンプル価格200 円)を開始しており、今年3月から量産を開始する予定。

ネットバンキングに必要なワンタイムパスワード生成のために用いられるセキュリティトークンや時計など電池駆動のアプリケーションでは、ボタン電池1個で数年の長時間安定動作が求められる。

(※全文:730文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.