> > 超小型モビリティの公道走行可能に 先行導入には補助金交付

超小型モビリティの公道走行可能に 先行導入には補助金交付

 印刷 記事を保存

国土交通省は、超小型モビリティの公道走行を可能とする認定制度を創設し、1月31日に公布、施行した。また、地方自治体、観光・流通関係事業者等の主導による超小型モビリティの先導・試行導入の優れた取組みを重点的に支援する補助制度を創設し、公募を開始した。公募期間は2月20日まで。補助率は、導入事業における実施費用(車両導入、事業計画立案及び効果評価費等)の1/2。民間事業者が単独で実施する場合は1/3。

認定制度は、安全性の確保を最優先とし、道路運送車両法に基づき公道走行を可能とするためのもの。運行及び車両に係る条件を付すことで、安全・環境性能が低下しない範囲で座席の取付け基準等、一部の基準を緩和し、超小型モビリティの公道走行を可能とする。主な条件は(1)高速道路等は運行しないこと(2)交通の安全等を図るための措置を講じた場所において運行すること。

(※全文:520文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.