> > NTT東日本、北海道の節電プロジェクトに電力見える化サービスで協力

NTT東日本、北海道の節電プロジェクトに電力見える化サービスで協力

記事を保存
NTT東日本「フレッツ・ミルエネ」

NTT東日本「フレッツ・ミルエネ」

東日本電信電話(NTT東日本)は、北海道とタイアップし、北海道と民間企業等との協働事業として「道内市町村との地域節電プロジェクト」を実施する。

同事業は、一般家庭における電力見える化サービス「フレッツ・ミルエネ」を活用した節電効果を検証する。また効果的かつ長期的な節電に向けた取り組みの必要性や利点などを広く普及啓発することにより、北海道や道内市町村が推進する省エネ・節電普及啓発事業に協力支援するもの。

具体的には、まずキックオフプロジェクトとして、恵庭市協力のもと、同市において「フレッツ・ミルエネ」の利用希望者(一般家庭30戸程度を予定)を募集・設置。今冬の節電目標(平成22年度比7%削減)の達成を目指し「フレッツ・ミルエネ」を活用した電力見える化による省エネ・節電行動の実践、測定結果や節電活動の報告等による効果検証を行い、省エネ・節電行動の促進・継続を支援する。実施期間は2月以降随時。

そして、恵庭市をフィールドとして、NTT環境エネルギー研究所が、開発中の機器電力推定技術の実用性を検証する実証実験を実施。機器電力推定技術は、各家庭用の分電盤に設置する1個のセンサから得られる情報を解析することにより、エアコン、テレビ、冷蔵庫などの家電機器に対する機器毎の電力使用量を推定することができる先進的な新技術。実施期間は3月~9月。

東日本大震災以降、大幅な電力不足が懸念される中、平成24年度の夏季及び冬季は、北海道電力管内全ての企業・家庭に対し、平成22年度比7%以上の使用最大電力の抑制が求められており、冬場の北海道では、電力需要の約45%を占める家庭の節電が重要となっている。

【参考】
北海道 - スマートコミュニティ構築に向けた取組について
恵庭市 - 東日本電信電話(株)と北海道のタイアップ事業における恵庭市での節電プロジェクトの実施

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.