> > 帝人化成、PPS樹脂事業に参入 韓国企業と合弁会社を設立

帝人化成、PPS樹脂事業に参入 韓国企業と合弁会社を設立

記事を保存

帝人化成は、SKケミカル社(韓国)とスーパーエンジニアリングプラスチック(高機能樹脂材料)の一つである「ポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂」に関する事業提携契約を締結した。今年7月に、PPS樹脂とそのコンパウンド(複合材料)の製造・販売を手掛ける合弁会社を設立する。これにより、帝人化成はPPS樹脂事業に参入する。

今後、韓国・ウルサンでPPS樹脂工場の建設を開始し、2015年度に稼働予定。既存のパイロットプラントで生産するPPS樹脂を用いて開発を進め、工場稼働後は、本格的なソリューション提供を行う。アジア市場を中心にグローバル展開を図り、2020年度までに20%のシェアを獲得し、世界トップクラスのPPS樹脂・コンパウンドメーカーへの成長を目指す。2024年度の年間売上目標は約3,500億ウォン。

「PPS樹脂」は、自動車のエンジンや、モーターの周辺部品及び電装部品、コネクターやソケットなどのエレクトロニクス部品に適した素材として使用されており、今後、電気自動車ハイブリッドカーのさらなる普及に伴い、需要拡大が見込まれている。

従来のPPS樹脂は、原料や副生成物に含まれる塩素やナトリウム分が樹脂中に多く残存しており、それらが金型の腐食を招いたり、金属部品の接触不良などの機能低下の原因となること、燃焼した場合に環境に悪影響を及ぼす恐れがあることが課題になっていた。

今回の事業提携は、自動車やエレクトロニクス領域を重点分野とした樹脂ラインナップ拡大を図る帝人化成と、樹脂の高付加価値化を実現するコンパウンド事業に高い関心を持つSKケミカル社のニーズが一致して実現したもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.