> > NEDO、英国の公共住宅を対象にしたスマートコミュニティ実証事業者を公募

NEDO、英国の公共住宅を対象にしたスマートコミュニティ実証事業者を公募

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「英国・マンチェスターにおけるスマートコミュニティ実証事業」の実施者公募を開始した。

同事業は、英国・マンチェスターの公共住宅をターゲットに、住宅の小口電力消費から負荷調整能力をアグリゲーションするシステムの構築とビジネス展開を実現するために、スマートコミュニティ関連技術を導入・実証するもの。負荷調整の対象は、住宅のエネルギー消費の大部分を占める暖房需要。公募対象は企業(団体等を含む)。

応募者は、実施可能性調査と実証を合わせた提案書等を提出する。事前審査の基準は「実施可能性調査・実証の実現性」「実証後の普及戦略、ビジネスモデル」。公募期間は3月13日まで。委託先決定は5月中旬の予定。

なお、公募にあたって2月20日に説明会を実施する。場所は新エネルギー・産業技術総合開発機構本部(神奈川県川崎市)。事前登録は不要。説明は日本語及び一部英語にて行う。

【参考】
NEDO - 「英国・マンチェスターにおけるスマートコミュニティ実証事業」に係る公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.