> > 横浜市など、東急田園都市線沿線の子育て家庭で超小型モビリティモニター調査を実施

横浜市など、東急田園都市線沿線の子育て家庭で超小型モビリティモニター調査を実施

 印刷 記事を保存

横浜市は、産官学で快適かつ省エネルギーなまちづくりを目指す「スマートコミュニティ推進部会」の取り組みの一環として、コンパクトで環境性能に優れる超小型モビリティのモニター調査を、たまプラーザ駅北側地区をはじめとする東急田園都市線沿線エリアで実施すると発表した。

このモニター調査は、国土交通省が主体となり、スマートコミュニティ推進部会のメンバーである日産自動車、東京急行電鉄、横浜市が一体となって行うもの。スマートコミュニティ推進部会では、狭い道や坂が多い地域で生活する子育て層を対象に実験を行い、その成果を「次世代郊外まちづくり」の検討に生かしていく。

(※全文:796文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.