> > LIXIL、宮城県に住宅リフォーム廃材を収集・再資源化する施設を開設

LIXIL、宮城県に住宅リフォーム廃材を収集・再資源化する施設を開設

 印刷 記事を保存

住宅設備機器・建材大手のLIXIL(リクシル)は、住宅リフォーム工事に伴う廃材を収集・運搬し、処分を行う「LIXILエコセンター仙台」(宮城県仙台市)を開設し、廃材リサイクル事業をスタートしたと発表した。

同センターではキッチン、浴室、洗面台、トイレなど水まわり設備機器や、アルミサッシ、玄関ドア、エクステリア商材など全ての使用済み住宅建材の収集・リサイクルを行う。同社は震災復興の地で、住設機器・建材メーカーの責務として建築業者と一緒に資源循環再生を積極的に取り組んでいく考えだ。

(※全文:728文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.