> > 三菱自、ジュネーブモーターショーで先進技術搭載のコンセプトカーを初披露

三菱自、ジュネーブモーターショーで先進技術搭載のコンセプトカーを初披露

記事を保存
三菱自、ジュネーブモーターショーで先進技術搭載のコンセプトカーを初披露

三菱自動車は「第83回ジュネーブ国際自動車ショー」において、次世代先進技術を搭載したコンセプトカー「MITSUBISHI Concept GR-HEV」と「MITSUBISHI Concept CA-MiEV」を世界初披露する。同ショーは、3月5日~17日まで開催される(一般公開は7日~)。

「MITSUBISHI Concept GR-HEV」は、環境性能と走行性能を両立した「スポーツユーティリティトラック(SUT)」をコンセプトとし、新興国を中心に人気の高いピックアップトラックに、開発中のFR(フロントエンジン・リヤドライブ)ベースのディーゼルハイブリッドシステムを搭載。

燃費に優れたクリーンディーゼルエンジンと、高性能モーター・バッテリーを組み合わせたHEVシステムにより、走行時のCO2排出量を140g/km台に抑え、クラストップレベルの高い環境性能を目指す。また、パジェロで培った「スーパーセレクト4WD」と、車両運動統合制御「S-AWC」を組み合わせた次世代の4WDシステムを採用し、さまざまな道路環境における優れた走行性能を実現する。

一方「MITSUBISHI Concept CA-MiEV」は、将来のEVを想定したコンセプトカー。高エネルギー密度バッテリーや、高効率EVシステム(モーター、インバーター、回生ブレーキ、非接触充電システム)など、同社が開発中の次世代EV技術を採用するとともに、ボディの徹底した軽量化・空力性能向上も合わせて、航続可能距離300kmを実現する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.