> > 有機蛍光色素の発光メカニズムを解明 有機太陽電池や光センサーに応用

有機蛍光色素の発光メカニズムを解明 有機太陽電池や光センサーに応用

 印刷 記事を保存

理化学研究所と岡山大学の研究グループは、溶液と固体の両方の状態で蛍光を発する有機蛍光色素「アミノベンゾピラノキサンテン系(ABPX)色素」について、複数の分子構造へ瞬時に変化することで、カラフルな蛍光や発色を示す発光メカニズムを解明した。

同グループは、ABPXの詳細な発光メカニズムを解明するため、分子構造と光物性の関連性を実験・理論の両面から詳細に解析。その結果、固体状態のABPXは、塩化物イオンなどの陰イオンとイオンペアを形成することで、紫外線を照射すると赤色から近赤外域に蛍光を発する一方、溶液中では水素イオンの影響により複数の分子構造へ瞬時に変化し、カラフルな蛍光と発色を示すことが分かった。

(※全文:712文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.