> > タカラレーベン、栃木県に3MWのメガソーラー発電所を建設

タカラレーベン、栃木県に3MWのメガソーラー発電所を建設

記事を保存

タカラレーベン(東京都)は、栃木県塩谷郡塩谷町で太陽光発電所を建設し、メガソーラー発電事業に参入すると発表した。発電規模は約3MW。年間想定発電量は一般家庭850世帯分に相当する約300万kWh。

今回着手するメガソーラーは今年8月に稼働予定。同社は事業の目標を2014年3月期中に出力10MWとしている。

同社は、自社ブランドマンション及び一戸建新築分譲住宅の企画・開発・並びに販売を行う開発業者。近年、首都圏で初めて戸別売電可能太陽光発電マンションを企画販売するなど、自然エネルギーの活用を積極的に推進している。今回のメガソーラー発電事業への参入は、固定価格買取制度の施行を受け、電力供給不安の緩和を目的としたもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.