> > 環境省、ダイオキシン類の血中濃度調査結果をPDFで無料配布

環境省、ダイオキシン類の血中濃度調査結果をPDFで無料配布

記事を保存

環境省は「ダイオキシン類をはじめとする化学物質の人への曝露量モニタリング調査」の平成23年度調査結果についてまとめたパンフレットを作成し、配布を開始した。

同調査は、平成14年度から平成22年度まで実施した「ダイオキシン類の人への蓄積量調査」を踏まえ、血液、尿、食事における様々な化学物質の濃度を測定したもの。

なお、平成23年度の血液中ダイオキシン類濃度は、これまでの調査結果の範囲内で、大きな変化は見られなかった。パンフレットの概要は、以下の通り。

ダイオキシン類調査結果

  • 血液中の濃度は他の調査結果と同じ程度の濃度だった
  • 過去に参加された8人のうち7人の血液中ダイオキシン濃度が下がっていた
  • 食事経由のダイオキシン類摂取量では耐容一日摂取量を超過した人はいなかった

フッ素化合物調査結果

  • 血液中の濃度は他の調査結果と同じ程度の濃度だった

重金属類調査結果

  • 血液中の総水銀濃度は他の調査結果と同じ程度の濃度だった
  • 食事経由のメチル水銀とカドミウム摂取量では耐容摂取量を超過した人はいなかった

その他

  • 尿中の農薬代謝物、可塑剤代謝物濃度の測定をした
  • 血液中のPOPs類濃度の測定及び食事経由のPOPs類摂取量を算出した

パンフレットの入手方法は、以下の通り。

(1)電子情報(PDF)の閲覧・入手

環境省のホームページ(http://www.env.go.jp/chemi/dioxin/pamph.html)から利用可能

(2)郵送による冊子の入手

希望者には無料配布。(送料は実費を自己負担)

【参考】
環境省 - 『日本人におけるダイオキシン類等の曝露量について』パンフレットの作成について
環境省 - 『日本人におけるダイオキシン類等の曝露量について』ダウンロード

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.