> > JFEエンジ、鹿児島県で出力1.5MWの地熱発電 メガワット級は99年以来

JFEエンジ、鹿児島県で出力1.5MWの地熱発電 メガワット級は99年以来

記事を保存
JFEエンジ、鹿児島県で出力1.5MWの地熱発電 メガワット級は99年以来

JFEエンジニアリングは、九電工より、鹿児島県指宿市において、地熱発電プラントの設計および建設を受注したと発表した。また、本プラントでは新規地熱発電所建設で初となる高性能バイナリー発電システムを採用する。

この地熱発電プラントは、新日本科学(東京都中央区)グループが、所有する「メディポリス指宿」の敷地内において計画しているもの。施設規模は定格1500kW級(年間発電量:約900万kWh)。この計画は、わが国においては1999年の八丈島地熱発電所以来のメガワット級新規地熱発電所となる。本施設では蒸気と熱水の両方を利用して最大の発電量を得るためにバイナリー発電を採用する。

バイナリー発電方式は、地下から噴出する地熱流体(蒸気・熱水)の熱で低沸点媒体を蒸発させタービンを駆動する発電方式。この方式は蒸気に加え、熱水も利用できるため、地熱流体の熱エネルギーを無駄なく高効率に発電することができる。

また、発電に利用した蒸気・熱水は、熱交換を終えた後、すべて坑井を通じて地下に還元することができるため、空気中に蒸気や水滴等の排出がなく地熱貯留層を保全する。また空冷式のため白煙や着氷が発生することがなく環境への影響が少ないシステムとなっている。

地熱発電に使われるバイナリー発電の仕組み - 環境ビジネスオンライン

今回JFEエンジニアリングが建設するバイナリー発電設備は、2010年6月に業務提携をした米国のオーマット・テクノロジーズ社製の設備を採用する。オーマット社は、地熱および廃熱回収発電設備の設計・製造・販売等の関連サービスを手がける。同社のバイナリー発電設備は世界各地で300ユニット以上の実績がある。なお、同社の日本総代理店は伊藤忠商事

今後各地で地熱発電所の計画が活性化すると見られており、JFEエンジニアリングは高い技術力を武器に、今後も地熱発電プラントの設計・建設事業を推進していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.