> > ハンファQセルズジャパン、PV EXPOはハンファとQセルズの2ブランドで展開

ハンファQセルズジャパン、PV EXPOはハンファとQセルズの2ブランドで展開

記事を保存

昨年旧Qセルズ社の買収した韓国ハンファグループは、日本においても、3月1日より社名をハンファ・ジャパンからハンファQセルズジャパン(東京都港区)に変更し、2月27日(水)~3月1日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される太陽電池展「PV EXPO 2013」に出展すると発表した。

今後はハンファQセルズジャパンとして、ハンファ製品とQセルズ製品の2つのブランド展開で事業を進めるとともに、同展示会では新製品を含め、両ブランド5製品を出品する。

今回出品する製品は以下の通り。

ハンファ・ソーラー・ワン

    HSL60
    多結晶60セルモジュール、PID(電圧誘起出力低下)プロテクション、ホットスポット(太陽光の一部が遮光された場合の、セルの局部的な温度上昇・発電量低下を招く現象)プロテクション HSL72
    多結晶72セルモジュール、PIDプロテクション、ホットスポット プロテクション

Qセルズ

  • Q.PRO G3
    多結晶60 セルモジュール、薄型頑丈の新型モデル
  • Q.PEAK S G3
    単結晶48 セルモジュール、住宅用小型(日本専用新型モデル)
  • Q.FLAT G2
    陸屋根用システム、面積を最大活用するシステム

ハンファグループは、製造、建設、金融、小売り、リゾート事業を展開する韓国10大企業グループ。昨年10月太陽光電池世界第3位のQセルズを買収し、ハンファQセルズを設立。これにより、同グループは2.3GWの生産能力をもち、世界第3位の太陽光発電メーカーとなった。ドイツ、マレーシア、中国の生産拠点を通じ、グローバル供給体制を強化する計画をあきらかにしている。

【参考】
韓国ハンファグループ、独太陽電池大手Qセルズを買収へ(2012/8/28)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.