> > 45年働いた大岳地熱発電所、設備更新のため環境影響評価実施へ

45年働いた大岳地熱発電所、設備更新のため環境影響評価実施へ

 印刷 記事を保存

九州電力は、大分県玖珠郡九重町の「大岳発電所(定格出力1万2,500kW)」の老朽化を受けて、発電設備の更新を実施する。これに伴い、同社は2月25日に「大岳発電所更新計画 環境影響評価方法書」(方法書)及びこれを要約した書類(要約書)を経済産業大臣に届け出るとともに、大分県知事、九重町長に送付した。方法書及び要約書については縦覧、方法書については説明会を開催する。

同発電所は、昭和42年に国内初の事業用地熱発電所として営業運転を開始し、45年間運転を継続中。今回、地元の協力のもと、引続き国産エネルギーとしての地熱資源の有効活用を行うため、老朽化した発電設備のみを更新する。

(※全文:516文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.