> > 大和ハウス、奈良工場を次世代環境配慮型に 屋根で太陽光、蓄電池設置など

大和ハウス、奈良工場を次世代環境配慮型に 屋根で太陽光、蓄電池設置など

 印刷 記事を保存

大和ハウス工業は、2月26日より、奈良工場(奈良県奈良市)を、次世代環境配慮型工場「D’s SMART FACTORY(ディーズ スマート ファクトリー)」に建替えると発表した。3月より第一工場の新築工事に着手し、12月に操業を開始する予定。今後、第二、第三工場も建替える計画だ。

今回の建替えのポイントとして以下の4点をあげる。

  1. パッシブ・アクティブコントロールとスマートマネジメントを駆使した次世代環境配慮型工場
  2. 日本初の太陽光による「発電+集熱」同時併用ハイブリッドシステムを導入
  3. BCP対策として、工場には発電機、事務所棟には15kWhのリチウムイオン蓄電池を導入
  4. 最新の外壁パネル生産設備を導入し、生産性を30%向上

---

本建替え事業で、奈良工場では再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用した売電事業に取り組む。具体的には、同社が工場の屋根上(約2万4,000平方メートル)に、発電容量1MWの多結晶型の太陽光発電パネルを4,680枚敷設し、グループ企業である大和エネルギーにメガソーラーを賃貸する。

(※全文:1,907文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.