> > 日本初、沖合における着床式洋上風力発電が千葉県銚子沖に完成

日本初、沖合における着床式洋上風力発電が千葉県銚子沖に完成

 印刷 記事を保存

鹿島は、NEDOによる洋上における風力発電の実証研究において、千葉県銚子沖約3kmの海上に建設を進めていた日本で初めての着床式洋上風力発電設備を完成させたと発表した。

太平洋の大きな波やうねりを克服し、海面高さ100mを超える風車(定格出力2,400kW)と風況観測タワーを設置した。同社は、今回の建設工事で、多くの台風や東日本大震災を経験した。今後、厳しい環境下で培った建設のノウハウを、大きな期待が寄せられている洋上風力発電事業に役立てていく考えだ。

NEDOの本実証研究は、台風や地震などの日本の厳しい自然環境に適用できる洋上風力発電技術確立を目的としている。洋上風力発電システムとして風車についてNEDOと東京電力の共同事業で、洋上風況観測システムとして観測タワーについてNEDOから委託を受けた東京電力と東京大学が実証研究を行っている。

鹿島は東京電力の発注を受け、観測タワーと洋上風車の建設を担うとともに、東京電力から再委託で、風車基礎の研究開発を担っている。洋上は障害物が無く、陸上より安定的に強い風力が得られ、発電効率が高いメリットがあるとされ、今後約2年間、風向きや風の強さと発電量の関係などの調査が進められる。

(※全文:1,408文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.