> > NECなど、コマツ本社に部門毎の消費電力「見える化」サービスを導入

NECなど、コマツ本社に部門毎の消費電力「見える化」サービスを導入

記事を保存
NECなど、コマツ本社に部門毎の消費電力「見える化」サービスを導入

NECおよびNECフィールディングは、小松製作所の本社ビルに対し、部門毎の消費電力を「見える化」することで、効果的かつ効率的な節電を支援する省エネオフィスサービス「エネパル®Office」を納入したと発表した。

本サービスでは、本社ビルの各フロアの分電盤に電力センサーを設置し部門毎の消費電力を見える化するとともに、温度センサーにより外気温・室温をきめ細かなに把握。これらにより、管理者に気付きを与え、オフィスの節電につなげる。

また、消費電力量の目標に対する進捗状況、前月・前年同月実績からの増減などを管理者のパソコン画面に表示し、省エネ実現に向けた対策をアドバイスする。さらに、センサーで収集したデータは、インターネット上に保存するクラウドサービスにより提供し、利用者が専用サーバを設置するなどの作業を不要とした。

コマツでは、環境活動を経営の最優先課題の一つと位置づけ、事業活動のあらゆる局面での環境負荷低減活動を積極的に進めている。従来、本社ビル全体の消費電力は把握していたが、経営課題に即して徹底した消費電力の削減を実現するためには、部門毎のきめ細かな状況把握(見える化)による迅速かつ柔軟な対応が必要と判断し、本サービスを導入した。その特長や具体的な内容は以下の通り。

1.部門毎の消費電力を機器単位で見える化

本社ビル各フロア(2~10階)の分電盤に電力センサー37台を設置し、空調機器、照明機器、およびコンセントに接続した機器の消費電力量を見える化。

また、温度センサー39台を屋上や各フロアに設置し、外気温・室温のきめ細かな把握を実現。管理者に気付きを与え、オフィスの節電に貢献する。

すでに昼食時間や休日における想定以上の電力使用状況の把握や、空調機器の運転開始時の消費電力が高いことに着目し、始業時間の30分前に空調を入れる運転方式に見直すことで、始業後の消費電力量の急激な上昇を抑制可能とするなどの導入効果を確認している。

2.省エネに向けた約600種類のアドバイスを表示

あらかじめ設定した消費電力量の目標に対する進捗状況、前月・前年同月実績からの増減などを管理者のパソコン画面に表示。

また、対象フロアにおける過去の電力消費の傾向やセンサー情報を基に自動診断を行い、電力使用の問題点や更なる省エネに向けた改善点など約600種類のアドバイスを表示し、目標達成のための対策立案をサポート。

エネパルOffice 管理者用メニュー画面

3.クラウドサービスによる提供

センサーから収集したデータは、NECのデータセンタに蓄積するため、利用者が専用サーバを設置するなどの作業が不要。また、設置した多くのセンサーは無線でデータ収集を行うことで配線工事の煩雑さをなくし、短期間でのサービス提供による導入効果を実現。

今後、コマツではさらなる消費電力の削減に向けて、センサーの増設や、社員への詳細な情報提供による省エネ意識の向上も検討されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.