> > 東京都のPM2.5調査、今年も環境管理センターが受注

東京都のPM2.5調査、今年も環境管理センターが受注

 印刷 記事を保存

環境測定分析機関の環境管理センターは、東京都発注の「大気中微小粒子状物質(PM2.5)の採取及び成分分析調査委託」を落札した。

都では、環境基準の達成状況把握のための質量濃度測定だけでなく、発生源の特定とその寄与割合、地域特性、大気中の挙動等を把握し、知見の集積と発生源対策をするために、成分分析を含めた詳細な調査を、全国に先駆け2009年度から継続して実施しており、同センターは、同調査を初年度から5年連続で受注している。

PM2.5は、中国の大気汚染の原因の一つとされ、日本への飛来も問題になっている。日本では、1973年に環境基準で「大気中に比較的長く浮遊し、呼吸器系に吸入される粒径10μm以下の粒子を浮遊粒子状物質(SPM)」と定義。

(※全文:705文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.