> > 日本アジアグループ、北海道釧路市に合計2.2MWの太陽光発電所を建設

日本アジアグループ、北海道釧路市に合計2.2MWの太陽光発電所を建設

記事を保存
日本アジアグループ、北海道釧路市に合計2.2MWの太陽光発電所を建設

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーは、北海道釧路市に2か所の太陽光発電所「星が浦ソーラーウェイ」「音別ソーラーウェイ」を建設した。

「星が浦ソーラーウェイ」は西港臨海地域に建設され、出力は1.5MWで一般家庭の約450世帯分に相当する規模。「音別ソーラーウェイ」は音別工業団地に建設され、出力は0.7MWで一般家庭の約210世帯分に相当する規模。発電した電力はすべて北海道電力に売電される。パネルはソーラーフロンティア製のCIS太陽電池モジュールを採用。

なお、日本アジアグループは、これまでに「宮崎ソーラーウェイ(宮崎県)」「館林ソーラーパーク(群馬県)」「坂出ソーラーウェイ(香川県)」を建設。今年に入って埼玉県行田市で出力2.3MW「行田ソーラーウェイ(仮称)」の建設を発表するなど、国内外でメガソーラー発電所の開発に注力している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.