> > 三井不動産、千葉県柏市に「柏の葉スマートシティミュージアム」開設

三井不動産、千葉県柏市に「柏の葉スマートシティミュージアム」開設

記事を保存
三井不動産、千葉県柏市に「柏の葉スマートシティミュージアム」開設

三井不動産は、環境共生都市・健康長寿都市・新産業創造都市を目指して街づくりを進めている千葉県柏市「柏の葉スマートシティ」において、スマートシティの理念や概念、導入されている技術や設備、これから実現される近未来の街の仕組みやライフスタイルを伝える体感学習施設「柏の葉スマートシティミュージアム」を3月19日にオープンする。

同ミュージアムでは、最先端の映像技術や展示企画を盛り込んだ5つのコーナーを回ることで、スマートシティの仮想体験ができる。5つのコーナーの内容は、以下の通り。

ドームシアター

360度映像とプロジェクションマッピングでスマートシティの理念を紹介。

コミュニティスクエア

3面スクリーンで柏の葉の取り組みを様々な角度から紹介。

ライフスタイルゾーン

健康的でエコロジーな近未来の暮らしの仮想体験が可能。

スマートセンター

街のあらゆるデータを分析して安心・快適な暮らしを支える仕組みを解説。

コミュニケーションラウンジ

タッチモニターで柏の葉の街づくり活動の様子を伝えると同時に、来館者からのスマートなアイデアやメッセージをボード掲示していく双方向型コーナー。

-----

柏の葉スマートシティでは、「世界の未来像をつくる街」をコンセプトに、環境エネルギー問題、超高齢社会対応、経済再生という社会的課題に対して、公民学が連携して解決モデルを創出していく街づくりが進んでいる。柏の葉キャンパス駅周辺には、すでに約1,500世帯、約4,500人の住民が生活し「構想や実験段階ではない日本初の本格的なスマートシティ」として様々なサービスやシステムを実装した市民参加型の街づくりを行っている。

2011年12月には、内閣府から「環境未来都市」と「地域活性化総合特区」に指定され、国の支援も受けながら世界に街づくり成果を発信する役割を担い、国内外から年間250回以上の視察を受け入れている。このような企業・自治体・業界関係の視察者から一般の学生や市民まで、誰もが気軽に柏の葉の先進的なスマートシティの取り組みに触れることができるようにするため、同ミュージアムの開設に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.