> > 姫路市で農業と追尾型太陽光発電を使った売電事業の両立実験

姫路市で農業と追尾型太陽光発電を使った売電事業の両立実験

記事を保存
姫路市で農業と追尾型太陽光発電を使った売電事業の両立実験

太陽電池モジュールメーカーのフジプレアム(兵庫県姫路市)は、姫路市と共同で市内の農地に自社開発・製造の「追尾型太陽光発電(トラッキング)システム」を設置し、稲作をしながら発電し、営農と売電が両立する新しい農業経営モデルの研究事業を平成25年度より開始する。

同システムは、支柱上の太陽光発電パネルが自動的に太陽の方向を追尾して発電効果を高めるもの。同容量の固定型システムと比べて、積算発電量は1.4~1.5倍、設置に必要な面積は1/20。今回は、約1,200平方メートルの土地に追尾型太陽光発電システム4基を設置。合計で出力は17.6kW、発電量は年間25MWhを見込む。研究期間は3年間。

これまでも農地に太陽光発電システムを設置した事例はあったが、いずれも発電設備直下では農作物への影の影響が大きく、良好な発電と耕作を両立させるのが困難だった。

今回のシステムは、農地よりも相当高い空間で太陽を追尾するため、設備下の農地での影の影響を受ける面積と時間が小さくて済む。そのため、農作物の収穫量や農作業の効率をほぼ落とすことなく農業ができ、農地からの新たな安定した売電収入の確保が可能となる。これにより、農業生産者の経営基盤強化が期待される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.