> > 福岡県で災害時に電気自動車から介護施設に給電する体制づくり

福岡県で災害時に電気自動車から介護施設に給電する体制づくり

記事を保存
福岡県で災害時に電気自動車から介護施設に給電する体制づくり

住宅設備機器・建材大手のLIXIL(リクシル)は、福岡のタクシー会社のラッキー自動車と、災害時に介護付有料老人ホームなどに電気自動車タクシーによる電力供給を行う体制づくりに着手すると発表した。

LIXILで介護付有料老人ホーム、シニアマンション(高齢者向け住宅)の運営を展開しているシニアライフカンパニーは、ラッキー自動車と「災害時における電気自動車による電力の供給に関する協定書」を3月8日に締結した。今回、両社は、東日本大震災の経験を踏まえ、福岡市において大規模な自然災害が発生した際を想定し、いざという時に協力し合える体制づくりを進めていくことで合意した。

具体的には、災害時に重要なライフラインである電力が断たれた場合に、LIXILの介護付有料老人ホーム「フェリオ天神」(福岡市中央区)、「フェリオ百道」(福岡市早良区)、シニアマンション「レジアス百道」(福岡市早良区)の敷地内に待機している電気自動車(日産自動車リーフ)タクシーの電力を使い、介護機器などへのシームレスな電力の供給と、認知症発症者やその他入居者の生活の早期安定を目指す。

電気自動車タクシーは、顧客の利用時などを除き、原則として敷地内に待機している。災害時には、ニチコン製「EVパワーステーション」のコネクターを日産リーフの急速充電ポートへつなぐことで、日産リーフに搭載している駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えた電気を住居へ供給する。

ラッキー自動車は、福岡エリアを中心に展開している福岡ラッキータクシーグループの一員。タクシー保有台数は161台で、うち日産リーフは2台、バイフューエル車(LPガス+蓄電池)は20台(2013年3月時点)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.