> > パナソニック、京都市ごみ焼却施設の排熱を利用、「熱発電チューブ」の発電検証

パナソニック、京都市ごみ焼却施設の排熱を利用、「熱発電チューブ」の発電検証

 印刷 記事を保存

パナソニックは、京都市のごみ処理施設である東北部クリーンセンター(京都市左京区)の排熱を利用した「熱発電チューブ」の発電検証試験を開始すると発表した。

本事業は、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の委託事業「省エネルギー革新技術開発事業」において実施するもの。熱発電チューブは、熱が伝わりにくい熱電変換材料と、熱が伝わりやすい金属を交互に傾斜して積層した構造により、熱の流れと垂直な方向に電気が流れる現象を利用し、チューブ状に加工した傾斜積層構造体の中にお湯を流す等により、チューブの内側と外側とで温度差をつくり発電するというもの。

熱電変換材料は、2種類の異なる金属または半導体を接合して、両端に温度差を生じさせると起電力が生じるゼーベック効果(物体の温度差が電圧に直接変換される現象)を利用した材料。

本発電検証では、ごみ焼却で発生した有効活用できていない低温排熱の一部を温水にして熱発電チューブ内に流し込み、施設内で使用している冷却水をチューブの外側に流すことで、チューブの内外に温度差を生じさせ発電の検証試験を行う。

(※全文:1,060文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.