> > 日本アジアグループ、北海道に3カ所目のメガソーラー完成

日本アジアグループ、北海道に3カ所目のメガソーラー完成

記事を保存
日本アジアグループ、北海道に3カ所目のメガソーラー完成

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーは、北海道中札内村の中札内森林組合工場等跡地に、太陽光発電所「中札内ソーラーウェイ」を完成させた。同グループにとって北海道内3か所目の発電所となる。

出力は1.5MWで一般家庭の約450世帯分に相当。発電した電力はすべて北海道電力に売電する。パネルはソーラーフロンティア製のCIS太陽電池モジュールを採用している。

同グループは、グリーン・コミュニティの実現を目指し、国内外でメガソーラー発電所の開発に注力している。道内では、釧路市に「星が浦ソーラーウェイ(約1.5MW)」「音別ソーラーウェイ(約0.7MW)」を今月4日に竣工したばかり。

【参考】
日本アジアグループ、北海道釧路市に合計2.2MWの太陽光発電所を建設(2013/3/5)
日本アジアグループ、埼玉県行田市に長さ500メートルのメガソーラー(2013/1/31)
日本アジアグループ、埼玉県杉戸町でスーパー堤防を利用した太陽光発電所を開発(2012/11/5)
日本アジアグループ、鹿児島県に0.5MWの「鹿屋ソーラーウェイ」(2012/9/4)
日本アジアグループ、岡山・熊本で合計3MWのメガソーラー、他社の遊休地を活用(2012/7/24)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.