> > 製鉄所におけるCO2排出量の計算方法、日本鉄鋼連盟がISOで規格化

製鉄所におけるCO2排出量の計算方法、日本鉄鋼連盟がISOで規格化

 印刷 記事を保存

日本鉄鋼連盟は、同連盟が2009年に国際標準化機構(ISO)へ規格化を提案した「鉄鋼CO2排出量・原単位計算方法」が、新規格「ISO14404」として認められたと発表した。同規格は、生産プロセスのCO2効率指標の具体的計算方法を記述したもの。

新規格は、鉄鋼の規格を扱う「TC17(幹事国:日本)」を検討の場とし、鉄鋼の操業を熟知した鉄鋼専門家の科学的知見により検討された「技術に基づくボトムアップアプローチ」を採用。

「日本発の製鉄所効率評価の考え方」をベースに、欧州諸国との交渉・合意をへて、「EU-ETS(EU域内排出量取引制度)」で適用されている計算方式とは一線を画す考え方でISO化した。

(※全文:782文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.