> > 太陽世界大手サンテック、子会社が会社更生法を申請 本体事業は継続

太陽世界大手サンテック、子会社が会社更生法を申請 本体事業は継続

 印刷 記事を保存
サンテックパワーホールディングス組織図

サンテックパワーホールディングス組織図
(※ログイン後クリックで拡大)

太陽電池世界大手のサンテックパワーホールディングス(尚徳太陽能電力)は、8社からなる中国銀行グループが、3月18日にセル製造を主とする子会社である無錫サンテックパワー(無錫尚徳太陽能電力)の会社更生法申請を無錫市中級裁判所に行ったと正式に発表した。

無錫サンテックパワーは、過剰供給による販売価格の低下や、欧米での貿易摩擦による影響で、経営の悪化が伝えられていた。3月15日に満期を迎えた転換社債5億4,100万ドルが債務不履行に陥ったことを受け、一部の債権者とは償還の先送りについて合意にしていたが、一部の債権者とは合意に至っておらず対応を迫られていた。

サンテックパワーホールディングスは、親会社であるサンテックパワーホールディングス、および日本法人のサンテックパワージャパンを含む、その他のサンテックパワーホールディングスの子会社については、今回の会社更生法の申請とは一切関係なく、生産・供給・保証に関して、従来通り事業が継続されると説明している。

今回の会社更生法の申請について、無錫サンテックパワーは異議を申し立てる予定はなく、数日以内に無錫市中級裁判所が受理するかどうかの決定がなされる見込みとなっている。

サンテックパワーホールディングスは、無錫サンテックパワーの会社更生法申請について、次のように説明している。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.