> > 京王電鉄、八王子に植物工場 昭和電工製のLED、Shigyo法活用で2年後に事業化

京王電鉄、八王子に植物工場 昭和電工製のLED、Shigyo法活用で2年後に事業化

 印刷 記事を保存

京王電鉄は、今年京王の電車・バスが100周年を迎えることを記念した新規事業として、人工光利用型植物工場および太陽光利用型植物工場を活用した農業ビジネスに参入すると発表した。

農業ビジネスへの参入にあたり、研究・開発用の植物工場「京王栽培研究所」を京王線狭間駅前(八子市東浅川町)に建設し、 高付加価値野菜や果物の研究・開発や販路を開拓し、2年後の事業化を目指す。

人工光利用型植物場の光源には、昭和電工製のLEDを用いて、高速栽培技術「Shigyo法」の供与を受けながら、蛍光灯を利用した植物工場に比べ出荷サイクルを短縮させ、 収穫量が増加する栽培技術の研究を行う予定。

(※全文:833文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.