> > 京王電鉄、八王子に植物工場 昭和電工製のLED、Shigyo法活用で2年後に事業化

京王電鉄、八王子に植物工場 昭和電工製のLED、Shigyo法活用で2年後に事業化

記事を保存
京王電鉄、八王子に植物工場 昭和電工製のLED、Shigyo法活用で2年後に事業化

京王電鉄は、今年京王の電車・バスが100周年を迎えることを記念した新規事業として、人工光利用型植物工場および太陽光利用型植物工場を活用した農業ビジネスに参入すると発表した。

農業ビジネスへの参入にあたり、研究・開発用の植物工場「京王栽培研究所」を京王線狭間駅前(八子市東浅川町)に建設し、 高付加価値野菜や果物の研究・開発や販路を開拓し、2年後の事業化を目指す。

人工光利用型植物場の光源には、昭和電工製のLEDを用いて、高速栽培技術「Shigyo法」の供与を受けながら、蛍光灯を利用した植物工場に比べ出荷サイクルを短縮させ、 収穫量が増加する栽培技術の研究を行う予定。

高速栽培技術「Shigyo法」は、山口大学農部の執行正義(しぎょうまさよ)教授と昭和電工が共同開発した栽培技術で、昭和電工製のLED素子を用い、植物育成に最適な比率で赤色光と青色光を照射して、高速栽培を図る栽培技術。

「京王栽培研究所」の敷地面積は約372平方メートル。敷地内に人工光利用型植物工場および太陽光利用型植物工場を建設する。ともに4月1日(月)から稼働する予定。

人工光利用型植物工場は2階建で延床面積は約171平方メートル。栽培品目はレタス、ベビーリーフ等の葉菜類(予定)。プレハブ内の完全閉鎖型の環境の中で、昭和電工製のLED、蛍光灯の人工光を活用して養液栽培を行い、安心・安全・高品質な野菜の開発を目指す。初収穫は6月中旬を予定している。

太陽光利用型植物工場はガラスハウス1階建で延床面積は約94平方メートル。栽培品目はトマト、いちご等の果菜類(予定)。農業用のガラスハウスにおいて太陽光を利用した養液栽培を行う。初収穫は2013年7月中旬を予定している。

同社は、2013年に京王の電車・バスが100周年を迎えるにあたり、新たな事業を創出するためのプロジェクト「Platinum Project 100」を発足。2010年4月から、京王電鉄および京王グループ各社から事業プランを募り、274件の応募があった。2011年5月、この中から収益性や実現可能性などを判断して、事業化に着手するプランを決定。今回の農業ビジネスへの参入もそのひとつ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.