> > ホンダ、渋滞抑制アプリ開発 ジャカルタで渋滞緩和と燃費を20%改善

ホンダ、渋滞抑制アプリ開発 ジャカルタで渋滞緩和と燃費を20%改善

記事を保存
ホンダ、渋滞抑制アプリ開発 ジャカルタで渋滞緩和と燃費を20%改善

ホンダは、ドライバーが周囲の車両と同調した走行をしているかをスマートフォンのディスプレイの色を変化させることにより一目で確認できるアプリを開発し、2012年9月~2013年2月にかけて、インドネシアの首都 ジャカルタの高速道路で渋滞抑制技術に関する実験を行った。

これにより、渋滞発生を遅らせる効果と燃費を20%以上向上させる効果を確認した。

渋滞抑制効果イメージ

渋滞は、交通流が乱れることにより発生することから、渋滞抑制のためには一台一台の車両が周囲の車両と同調した走行を心掛ける必要がある。

今回開発されたアプリは、車両の加減速変動のパターンをモニターし、渋滞の発生につながる走行であるかを判断することにより、周囲の車両と同調した走行をサポートする。

渋滞抑制効果イメージ

渋滞抑制効果イメージ

また、単に渋滞を抑制するだけでなく、安全性を向上するとともに、自車だけでなく周囲の数百台の車両の燃費を向上させる効果が期待できる。

今回の実験は「単体型」「通信型」の2つの方式で行われた。

「単体型」は、一台のクルマに搭載したスマートフォン単体で、渋滞につながる走行であるかを判断する方式。渋滞の発生を平均3分、最大6分遅らせることができ、燃費は20%向上した。

「通信型」は、複数のクルマに搭載したスマートフォンをクラウドサーバーに接続し、複数のクルマの動きとその前方車の情報も考慮して、同調した走行をアシストする方式。

渋滞の発生を平均4分、最大6分遅らせることができ、燃費は22%向上した。

同社は、今後も実際の交通流量や走行パターンをもとに、渋滞が発生する可能性のある地点の情報を車両端末に表示する機能の開発や、二輪車などへの応用を目指して音や振動で周囲と同調した走行をサポートする機能の開発などを行う方針。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.