> > JAMSTEC・東大、南鳥島周辺に中国を凌ぐ超高濃度レアアース泥を発見

JAMSTEC・東大、南鳥島周辺に中国を凌ぐ超高濃度レアアース泥を発見

 印刷 記事を保存

海洋研究開発機構(JAMSTEC)と東京大学は、南鳥島周辺において、海底下3m付近に、最高6,500ppm(0.65%)を超える超高濃度のレアアースを含む堆積物(レアアース泥)が存在することを確認したと発表した。

これは、タヒチ沖に分布するレアアース泥の濃度(1,000~1,500ppm)の4~6倍、ハワイ周辺海域の濃度(600ppm)の10倍にも達する。タヒチ沖、ハワイ沖などの太平洋の海底に存在する膨大な量のレアアース泥は、高濃度のレアアース(600~2,230ppm)を含み、特に世界シェアの大部分を占める中国の陸上鉱床を凌ぐ高い重レアアースの濃度を持つなどの資源として非常に期待されている。今回は、それを上回る濃度を持つレアアース泥の存在が確認されたことになる。

(※全文:823文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.