> > ミック経済研究所、中小企業でのEMS導入が今後も市場を牽引と予測

ミック経済研究所、中小企業でのEMS導入が今後も市場を牽引と予測

 印刷 記事を保存

情報・通信分野専門の市場調査機関であるミック経済研究所(東京港区)は、国内のエネルギーマネジメントシステム・ソリューション(EMS)市場に関する調査結果を発表した。

2012年度の日本国内EMS市場では、大規模から中小規模まで事業所規模を問わず、EMSの導入が増えている。2011年度と比べ、企業は計画的な節電対策を行う意向が強まり、導入率が低い中小企業のEMSの設置増が、EMS市場を押し上げる要因となった。

2010~2015年度では、中小規模向けの「遠隔監視システム」と「エネルギー診断・コンサルティング」のEMS導入がEMS市場拡大を牽引する。2015年度の売上規模は、遠隔監視システムが2010年度比(震災前)の207.9%、診断・コンサルティングが同比2倍となる見通し。

EMS市場全体では、大規模向けは微増だが、中小規模向けのシステムの成長が押し上げとなって、2011年度から2015年度の年平均成長率は4.1%となる見込み。2013年度に3,000億円を突破、2015年度の時点で、2010年度比1.2倍の3,259億円まで拡大すると予測する。

(※全文:1,715文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.