> > バイオマス産業を軸とした地域づくりを7府省が連携支援、地域募集を開始

バイオマス産業を軸とした地域づくりを7府省が連携支援、地域募集を開始

記事を保存
バイオマス産業を軸とした地域づくりを7府省が連携支援、地域募集を開始

内閣府、農林省、環境省などの7府省は、木質、家畜排泄物、食品廃棄物などの地域のバイオマスを活用した産業化と地産地消型エネルギーの強化によりバイオマス産業を軸としたまちづくり・むらづくり(バイオマス産業都市)を目指す地域による計画づくりを支援する。

本事業における地域を選定するにあたり、バイオマス産業都市の構築を目指す地域からの構想(バイオマス産業都市構想)の提案を募集する。第一次募集の期間は3月22日(金曜日)から4月26日(金曜日)まで。

バイオマス産業都市について

バイオマス産業都市について
(※クリックで拡大)

日本では、農村部・都市部の各地域において、木質、食品廃棄物、下水汚泥、家畜排せつ物などの豊富なバイオマスを有しており、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型の再生可能エネルギーの強化を図り、地域の雇用創出や活性化につなげていくことが重要な課題となっている。

こうした状況を踏まえ、昨年関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)が共同でとりまとめたバイオマス事業化戦略において、原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまちづくり・むらづくりを目指すバイオマス産業都市の構築を推進することとされた。本事業はこれに基づいて実施するもの。

バイオマス産業都市構想の提案募集を行ったあと、有識者で構成する選定委員会が審査・評価を行い、選定推薦案を決定する。推薦案をもとに関係7府省が共同で地域を選定する。

また、関係7府省が連携して、バイオマス産業都市に選定された地域の構想の実現に向けて、バイオマス産業都市関係府省連絡会議を活用しながら、構想の内容に応じて、関係府省の施策の活用、各種制度・規制面での相談・助言などを含め支援を行う。

バイオマス産業都市構想の作成主体は、(1)市町村(単独又は複数)、(2)市町村(単独又は複数)と当該市町村が属する都道府県の共同体、(3)(1)又は(2)と民間団体等(単独又は複数)との共同体。

バイオマス産業都市構想では、地域の概要、地域のバイオマス利用の現状と課題、目指すべき将来像と目標、事業化プロジェクトの内容、地域波及効果、実施体制、フォローアップの方法、他の地域計画との有機的連携の事項について記載する。選定にあたっては、先導性、実現可能性、地域波及効果、実施体制の視点を踏まえ、内容を総合的に評価する。

【参考】
農林水産省 - バイオマス産業都市の募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.